FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

生存権裁判を支える会からの請願

2013-02-28
 市議会にだす、「生活保護基準引き下げに反対する意見書採択を求めることについての請願書」提出のため、生存権裁判をさせる会から役員の方が、こられました。
 私は、対応する委員会(市民福祉委員会)なので、紹介議員にはなれませんでしたが、委員会では、採択のため、
頑張りたいと思います。
 今日から、3月議会の代表質問が始まりました。12月から一答一問方式になり、議員がきいていてもわかりやすいです。市民が、より質問内容や理事者の答弁がわかりやすいのではないでしょうか。

 共産党議員団は、まさに生活保護基準引き下げに反対する立場で質問をします。

夜は、松山労連の春闘学習会に参加。松山東雲短期大学の水野先生の「介護労働の現状と課題」の講演を聞きました。介護労働の社会的地位向上をめざすことが大事ですね。





tag :

新年あけましておめでとうございます!

2013-01-07
 すっかり、2013年になりました!昨年は、フェイスブックに登録したものの、友人の記事を読んだり、そのまた友人の記事を読んだりと、自分のことを書かないままの1年になってしまいました。今年は、このブログに、少しでも記事を書いて発信したい。という思いです。昨年の大きな出来事は、4月に、松山市と姉妹都市のドイツ・フライブルグに恒例の海外視察ではなく、有志議員で、「学ぶ旅」にいってきました。ドイツのエネルギー政策、公共交通政策、省エネ政策などを学び、この松山にも活かせることも提言してきました。なにより、まず、「脱原発」です。廃炉技術がなく、使用済み燃料の後始末ができない原発は、即ゼロにするべきと、ドイツの実態やエネルギー政策を実際にみて、確信をもちました。
 昨年の1月には、個人的にマレーシアのボルネオ島にあるキナバル山(4095メートル)にも登頂できました。
 今年は、足元を見つめなおし、少しでも、市民のくらしがよくなったり、福祉が充実する年にできるよう、頑張りたいと思います。
 今日は、地域の行事で「道後の歴史を学ぼう」の昨年に引き続き、参加しました。地域の方は、子どもを含めて100人くらい参加をしていました。道後温泉駅、道後ハイカラ通り、椿の湯など、普段、親しんでいる場所の歴史を学び、楽しい企画でした。
 今年もよろしくお願いします。
tag :

道後中学校卒業式に参加

2012-03-16
現在は、3月議会中です。3月19日が閉会ですが、今日は、道後中学校の卒業式に参加しました。(出身の中学
校とは違いますが)
議員になって2回目の参加です。一人一人の校長先生から卒業証書授与。昨年と変わったことは、来賓祝辞は、市長代理の部長がおこなっていたのですが、今回から野志市長のビデオレターだったことです。それにしても答辞を読んだ生徒がりっぱだった(中味もよかったし、とても情感あふれる語り口)のには、感心をしましたね。
「いま 別れの時 飛び立とう未来信じて 弾む若い力しんじて このひろい大空に」の「旅立ちの日」の記念合唱もよかったですよ。
tag :

道後の歴史を学ぼう

2012-01-07
今日、1月7日は七草。私の住んでいる道後では、公民館主催の「七草がゆの集い&道後歴史学習ラリー」があり、
参加をしました。地域の子どもたちから高齢者まで一緒に、クイズ形式で、青少年教育部の方が、説明をしてくださり、普段いったことのない、史跡をめぐりました。現在の松山東校の中にある明教館は、愛媛県指定有形文化財になっているそうですが、部屋の中には、松山とゆかりのある著名人の肖像画もありました。もちろん正岡子規もありましたよ。あと、持田町にある西龍寺の、ねずみ小僧次郎吉のお墓もはじめてみました。8か所をまわったあと、七草がゆ食事交流会もありました。女性教育部の方が作ってくれた、温かい七草がゆ3種類いただきました。
無病息災を祈願したいと思います。
 一方、政治の舞台では、野田政権が決めた「社会保障と税の一体改革」素案は、消費税を3年後の秋にはいまの倍の10%まで上げる考えです。「社会保障のため」といっても、医療や福祉は先細りしています。庶民増税に立ちはだかる勢力を国会からしめだそうと、衆院の定数を削る。今年は、そんな勢力と対決していく年にしたいです。
tag :

議会報告会

2011-11-11
11月9日は、私の事務所で、9月議会報告会を行いました。といっても、12月議会が、告示が11月25日で、12月2日からは始まりますので、これからは、12月議会の準備時なのですが。
「国民年金でもはいれる高齢者施設がほしい」「介護職員の給料が安くて、給料日が悲しい」「今、介護職場で働いているが、将来、自分の年金では、働いている高齢者施設には入れない。政治でどうにかしなくては」など身近な要望から、今の原発問題、TPP問題、普天間基地の問題、そしていま、橋本・「大阪維新の会」によるファッショ的独裁政治を許すのかどうかの重大な歴史的局面など、いろいろな意見がでました。
生活している中で、感じる矛盾を変えていったり、そしてもっと住みやすい町づくりのために、その視点で12月議会も質問をします。
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。